最近行われている新しい葬儀の形態について

最近行われている新しい葬儀の形態について

葬儀にはさまざまな形態がありますが、時代の流れと共にその種類が増えつつあります。

最近多くなっているのは、直葬という方法です。これは通夜や葬儀・告別式などを行わず、火葬場にて荼毘に付す形態を指します。

直葬が行われる理由としては、「通常の葬儀に比べて費用を抑えられる」「参列者が少ないのでシンプルな葬儀をしたい」ということが挙げられます。

直葬を行う場合は、自宅あるいは葬儀社・火葬場の霊安室へ遺体を安置します。亡くなった後二十四時間経過しなければ、火葬を行うことができないと法律で定められているからです。

この間に死亡届の提出を行うと共に、親族の予定や火葬場の状況などを確認しておきます。

直葬では、基本的に宗教的儀式を行いません。ただし、遺族の要望によっては宗教家に依頼し、火葬場の炉の前で読経やお祈りをしてもらうことができます。
このように、直葬は少人数で簡素な葬儀を行いたい時に適しているといえます。

葬儀で喪主になる時に気をつけたいこと

死別の悲しみと同時進行で、葬儀への段取りが進んで行きます。

悲しみのまっただ中でありながら、故人の旅立ちをしっかりと努めなければならない葬儀の喪主の役割は、大変、重要だと言えます。

亡くなってからすぐに葬儀屋さんに連絡をすれば、即座に自宅へ駆けつけて段取りを丁寧に説明してくれます。

心身共に取り込んだ状態ですので、葬儀までの流れを大まかに教えてくれるものの、当事者である喪主にとっては取り紛れてしまうことも少なくありません。

説明を受けて大まかな流れを頭に入れておくだけで、後は、葬儀まで順を追って時間の流れに合わせて、今は何をすべきか、何を準備しておくかを伝えてくれますので、不必要に取り越し苦労する必要はありませんので、安心してください。

不明な点、不安な点は、あらかじめ葬儀屋さんや僧侶に聞いておくことで心理面のプレッシャーも軽減できるものです。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar