葬儀の形式の種類とその特徴

葬儀の形式の種類とその特徴

仏式葬儀は、日本で最も多く行われている葬儀です。仏式葬儀は、宗派によって多少の違いはあるものの、一般的には通夜、葬儀、告別式の順で行われます。僧侶が読経を行い、焼香をしたり数珠を用いるのが特徴です。仏式葬儀は故人を極楽浄土に導くための葬儀です。

神式葬儀は、日本で仏式葬儀に次いで多く行われている葬儀です。通夜を通夜祭、葬儀を神葬祭といいます。神葬祭では焼香はなく、玉串奉奠がこれに相当します。神職によって、祭司の朗読が行われます。手水の作法と礼拝の作法に特徴があります。神式葬儀は、けがれを清めて故人の霊を家の守護神として祭るための葬儀です。

キリスト教式葬儀は、大きく分けると、カトリックとプロテスタントになります。通夜をカトリックでは通夜の儀、プロテスタントでは前夜祭と呼びます。キリスト教式葬儀では神父が司会を務めます。教会で行われることが多く、聖書朗読や献花による告別が特徴です。葬儀の後は区切りの年に追悼ミサが行われます。

これら以外にも、宗教にとらわれない無宗教葬や音楽葬等もあります。

 

久しぶりに自宅で執り行われた葬儀に参列しました

私は会社の部下のご両親などの葬儀に多数参列しました。しかし、最近では結構な田舎でも自宅で葬儀を執り行われる事はほとんどなく、多くが近くの葬儀会館で行われています。

 葬儀のしきたりや、手順に慣れている方など、ほとんどなく、多くは葬儀社の方の指導、進行に頼って執り行っています。これだけでも大変なのに、自宅内に祭壇を設けたり、食事場所を設けたり、自宅で執り行うと更に負担が増えてしまいます。もちろん、こうした場合も、葬儀社が取り仕切っては下さいますが、大変さは増え、それがどんな大きなお宅でも、葬儀会館を利用するようになっている理由でしょう。

 そんな時代背景ですが、最近、母の実家を継いでいる従兄弟の奥さんが亡くなった時、その葬儀は自宅で行われました。田園地帯の集落に建つ、大きな家ですが、久しぶりに自宅で執り行われる葬儀に参列しました。

 葬儀の時間内は、親族は畳の部屋に座って行いました。最近、正座やあぐらをかく事も少なく、本当に大変でした。こうした面からも、やっぱり葬儀会館の方が良いなと、改めて思いました。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar