祖母の葬儀が終わって感じたこと

祖母の葬儀が終わって感じたこと

96歳になる祖母が亡くなりました。葬儀はどうするという話になったときに自宅でやらずに葬儀会社で遺体安置をしてもらってそこで葬儀を行なおうということになりました。

あまり親戚もいませんので家族葬という形をとりました。少人数の葬儀は寂しいものですがそのそのかわり親交の深かった人たちだけが集まってくれました。とてもアットホームな葬儀で無事に終わらせることができました。

祖父の時はお寺で規模の大きい葬儀を行なったわけですが祖母の葬儀もこじんまりとしてよい感じでした。それぞれ思うところはあると思います。

祖母が亡くなって葬儀も終わってとても寂しい感じがします。これからも前向きに過ごしていこうと祖母にこっそりと誓いました。

葬儀の心づけに関する費用

葬儀にはいろいろな費用がどうしてもかかってくるものですが、

その中でも注目をしていただきたいのが、心づけというものです。いったいどの程度かかってくるのか想像もついていない方もいるかもしれません。

葬儀における心づけの相場というものもあまり発表されていることもありませんので、気をつけなければいけません。

心づけが多すぎてもいけませんし、少なすぎても問題になってしまうこともあるわけです。

その葬儀の心づけの費用ですが、実はちょっとした相場というものも存在しています。

そちらについて参考にしてみましょう。

まず、世話役の方については5,000円から10,000円程度です。代表になる方には、10,000円から20,000円程度です。近所の手伝いに来てくれる方には、2,000円から3,000円程度です。
以上の心づけという葬儀費用の相場を前もって把握しておきましょう。

もしも、金なる方は、葬儀社の方に相談しても良いでしょう。

心をよく教えてくれるはずです。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar