無宗教葬の長所と短所についてご紹介しましょう

無宗教葬の長所と短所についてご紹介しましょう

無宗教葬の長所と短所についてご紹介しましょう。
無宗教葬の長所というのは、次に示すようなものがあります。
・生前には音楽が好きであった故人らしい葬儀を行うことが実現可能である。
・無宗教葬のプログラム作りに家族が参加することで、主体的に故人を送ることができる。
・オリジナルの無宗教葬の葬儀として葬儀に参加した人の心にも残る。
無宗教葬の短所というのは、次に示すようなものがあります。
・無宗教葬の式場の中には、音楽を使うことが禁止されているようなところがある。
・無宗教葬の際に演奏家を手配してもらう場合には、費用が追加になることがある。
・無宗教で無宗教葬を行った場合に、その後の法要や供養にとまどうことがある。
このように、無宗教葬には長所も短所もあるため良く検討しましょう。

無宗教葬を取り入れたい場合の注意点

最近は形式通りの葬儀だけでなく、無宗教葬のような故人の特徴を出した思い出に残る葬式を行う事が増えてきてます。
まだまだ音楽を取り入れる葬儀は少ないですが、芸能関係等の方では、無宗教葬という形で葬儀をとり行う事も多いです。
一般の方で無宗教葬を行いたい場合は、無宗教葬の専門に取り扱う業者に依頼し、葬儀場で音楽を鳴らせる場所を選択しまし、無宗教葬最大の注意点は、この葬儀場で音楽を鳴らしても良いかどうかの確認を取っておく事で、大半の式場では音楽を鳴らす事が許されていません。
そのあたりはキチンと確認を取って、音が良く響くホール等を選択して無宗教葬を行うのも良いでしょう。
葬儀の流れは自由度が高く、通常の葬儀の流れに音楽を組み込む形や、ひたすら音楽を鳴らして間に献花を行うような形もあります。
無宗教葬はまだまだ業者側も不慣れな点も多いですが、今後増えていく可能性が高い葬儀形式です。
葬儀について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar