任意売却の相談は行政書士さんでもオッケーですよ☆

任意売却の相談は行政書士さんでもオッケーですよ☆

毎月の厳しい住宅ローンや会社の倒産、減給、ボーナスカットに離婚など… 様々な事が原因でローン返済ができなくなり自宅を競売や任意売却しければならない時、皆さんは誰に相談すればよいかすぐに思いつきますか??
不動産会社へ行くのは誰が見ているか分からないのでなんとなく 気が引けますし銀行に相談するのもどうかなとも思います。 では弁護士さんは?…どこにいるんだろう?? 意外に盲点なのですが行政書士の方に相談する方法があります☆ 近所を歩いていると行政書士を掲げた看板のご自宅って結構あるものですよ。
自宅を売る際の方法である任意売却について詳しく教えてくれるはずです。 競売しかもう道はないと思いこんでいる方ってたくさんいると聞いたことがありますが、そういった事例に詳しい行政書士の方に相談することで 違う方法である任意売却をする事が出来た!!という方が多いらしいです。 競売と任意売却とでは再スタートする際のスピードや心の余裕が全く違います。
一度お近くの行政書士の方に相談してみてはいかがでしょうか☆ 任意売却についての相談を無料で聞いてくれる会社もありますので ぜひ試してみてください!!


任意売却と所得税の非課税規定(その2)

任意売却をした場合、所得税が発生してくる可能性がありますが、その所得税を非課税にしてくれる規定があります。それは資力を喪失した者が譲渡した場合の非課税に関する規定です。任意売却と所得税の非課税規定(その1)において、1つ目の要件を見てきましたが、今回はそれ以外の要件について見ていきます。
まず、任意売却が強制換価手続きの執行が避けられないという場合に行われたことが必要になります。よく任意売却と比べられる競売ですが、競売の場合はこの要件がほぼ認められます。
で すが、競売と違い、任意売却はその名の通り任意に行うことになるため、この要件を満たしていることをしっかりと証明しないと認めてもらえません。
そしてもう一つが、任意売却の対価が債務弁済のために充てられていることです。 任意売却自体は、債務弁済のために行われるので三つ目の要件は厳しいものではありません。問題は二つ目です。ここが、非課税が認められるかどうかの大きな分かれ目となります。任意売却を行う前に、非課税と認められるかどうかを専門家や税務署に確認を取っておくのが無難であると言えるでしょう。


【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却  新宿区/ 任意売却  文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区
【東京都下(町村部)】
任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町

Calendar