任意売却によるメリット

任意売却によるメリット

任意売却や任意売買といった言葉をよく耳にします、この二つはどういった違いがあるのでしょうか?
任意売却と任意売買は実際は同じ意味です、銀行やその他金融機関等においては通常任意売却という呼び方をしています。
住宅ローンを組んで持ち家を購入している場合、月々の住宅ローンが支払えなくなった場合に、そのローンを組んでいる金融機関との間で話し合いを行い、両者合意の上でその持ち家を売却する一連の手続きのことを任意売却と言います。 住宅ローンは何年にも渡って支払うのが通常です、その間に病気やリストラ、収入の減少といったいろいろな理由で住宅ローンを支払うことができなくなったような場合はそのまま放っておかず任意売却を考えるといいでしょう。
任意売却はその債権者である金融機関にとっても自分にとってもメリットがあります。 売却することで債権者にとっては短い期間で残った債務を回収することができます、また、自分に残った債務も減らすことができるからです。 競売手続きに進む前に任意売却を考えることは今後の人生においてもメリットになるのです。


任意売却という制度について

任意売却という言葉を聞いたことのある人は、それほど多くないかもしれません。たしかにあまり任意売却という言葉は馴染みのない言葉ではありますが、これは競売と比較することでよくその制度のメリットが見えてきます。
競売は抵当権のような担保権を実行すれば、自動的に裁判所が行ってくれる手続きで、債務者としては何もしなくて良いのです。ただその分市場価格の6割程度でしか売ることができません。 これに対して任意売却であればほとんど市場価格と同じ値段で売ることができるので、債務の額がより圧縮されます。
任意売却と競売は自宅を売却するという点では同じですが、任意売却はよりその後の生活再建が図りやすいという点が挙げられます。 このような任意売却の手続きは素人からすると法律的な知識も必要なため、複雑で煩雑な場合が多いです。
ですから基本的には餅は餅屋という言葉がある通り、任意売却を専門にしている業者に相談をすることが良いといえるでしょう。


【東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/
任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市

Calendar