音楽葬という新しい葬儀スタイル

音楽葬という新しい葬儀スタイル

現代は価値観の多様化した時代と言えます。そんな時代を反映して、さまざまな新しいライフスタイルが提案されています。
葬儀にも同様のことが言えます。最近利用する家族が多い音楽葬はその代表例と言って良いでしょう。音楽葬とは、式の始まりから終わりまで音楽が演奏され続ける葬儀のことです。
音楽葬はCDなどが流される場合もありますが、基本的には生演奏です。バイオリンやチェロの奏者が演奏するのです。音楽葬のもたらす演出は、参列者の故人に対する思いをより深めるという効果があります。故人との最期の別れを惜しむには最高の演出方法と言えます。
多くの葬儀社で音楽葬のプランが用意されています。これからの葬儀の新しいスタイルとして定着していくでしょう。

参列する方のための音楽葬

何年か前に、知人の葬儀で音楽葬を体験しました。
知人は会社の会長で、大勢の人が葬儀に参列することが予想されていました。そこで、家族の意向で、本人のためというよりも、参列する大勢の方のために音楽葬にしたそうです。
音楽で、おもてなしをしたいという意味をこめたそうです。
大きな葬儀会場で、上品な音楽が心地よく流れる音楽葬で、葬儀なのに不謹慎かもしれませんが、すごく素敵な演出でした。
たくさんの花と、素敵な音楽が流れる会場での葬儀は、亡くなった本人も喜んでいると思いますし、参列した私たちにとっても、思い出に残る音楽葬でした。
家族のあたたかい思いが伝わってきて、葬儀にも色々な方法があるのだと、その時に初めて教えていただきました。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について




町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar