神奈川県(他市・町)の葬儀

神奈川県(他市・町)の葬儀

喪中ハガキのサンプル

「年賀欠礼状」とは、「年賀状の欠礼はがき」ともいい一般的には「喪中ハガキ」と呼ばれています。ご家族のどなたかが亡くなられた年は、新年を祝うことはせず喪に服していますという意味の喪中ハガキを出します。

喪中ハガキを出す時期は、相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うようにするのがマナーです。ですので11月には用意をし、遅くとも12月初旬には相手方に届くようにしましょう。

このページでは喪中ハガキの文例と喪中と知らずにお年賀状を下さった方へのお返事のハガキの文例をご紹介しますので参考にして下さい。

●喪中ハガキの例1.
喪中につき年始のご挨拶を遠慮させていただきます(大きな文字) 本年○月○○日 父 ○○(享年○○歳)が永眠いたしました ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝申し上げます 明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成○○年○○月
東京都○○区○○町1-1-1 ○○ 
○○○(氏名)

●喪中ハガキの例2.
喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます(大きな文字) 本年○月○○日 実母 ○○が○○にて永眠いたしました 平素のご厚情を深謝いたしますとともに 明年もこれまでと変わらぬご交誼のほど よろしくお願い申しあげます
平成○○年○○月
東京都○○区○○町1-1-1                 
○○ ○○○(氏名)

●年賀状への返事例1.
「寒中お見舞申し上げます(大きな文字) 早々のお年賀状ありがとうございました。昨年○月○○日、私どもの義父が○○歳にて亡くなりました。つきましては新年のご挨拶を控えさせていただきました。 欠礼のお知らせも申し上げず大変失礼いたしました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。」

●年賀状への返事例2.
. 「ご丁寧に年頭のごあいさつをいただき、ありがとうございます。 実は昨秋夫○○を亡くし喪に服しておりますため、お年始状をご遠慮させていただきました。失礼の段お許しくださいませ。 本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。」 いただいたお年賀状への返礼は松の内が過ぎてから、1月末までにお出しするようにしましょう。

<ご参考:葬儀斎場>
相模原市の方は、火葬場併設の相模原市営斎場を利用する事が多いです。
横須賀市の方は、火葬場併設の横須賀市中央斎場を利用する事が多いです。
三浦市の方は、各式場から三浦火葬場を利用する事が多いです。
鎌倉市・逗子市・葉山町の方は、火葬場併設の小坪火葬場を利用する事が多いです。
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の方は、火葬場併設の大和斎場を利用する事が多いです。
愛川町の方は、火葬場併設の愛川聖苑を利用する事が多いです。
厚木市・清川村の方は、各式場から厚木市斎場を利用する事が多いです。
藤沢市の方は、火葬場併設の藤沢聖苑を利用する事が多いです。
秦野市・伊勢原市の方は、各式場から奏野斎場を利用する事が多いです。
茅ヶ崎市・寒川町の方は、火葬場併設の茅ヶ崎市斎場を利用する事が多いです。
平塚市・大磯町の方は、各式場から平塚市聖苑を利用する事が多いです。
中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方は、各式場から小田原市斎場・奏野斎場を利用する事が多いです。
二宮町・南足柄市・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方は、各式場から小田原市斎場を利用する事が多いです。
城山町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・愛川聖苑を利用する事が多いです。
藤野町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・八王子市斎場を利用する事が多いです。

■ 神奈川県(他市・町)の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
     


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar