神奈川県・川崎市の葬儀

神奈川県・川崎市の葬儀

法要後の会食での挨拶サンプル

ここでは会食がある場合の法要の中締めと最後の締めの挨拶例をご紹介いたします。 尚、法事と法要はよく同じ意味として使われていますが、厳密に言えば法要は追善供養のことで、法事はその他にも慶賀や祈願、報恩など、仏教行事や儀式のすべてについてを言います。

●法要が終わり中締めを告げる挨拶例
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで夫の○○○○(四十九日、一周忌など)の法要も無事終えることができ、夫も安心していることと思います。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 夫亡き後、今日まで多大なご厚情を賜りながらゆっくりとお礼を申し上げることができず、まことに申し訳ございませんでした。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。つきましては心ばかりではございますが、別室にてささやかな席をご用意しております。お時間の許す限り、どうぞゆっくりなさっていってください。 本日はまことにありがとうございました。」

法要のことは「法会(ほうえ)」とも呼び、故人の供養のための行事や集会のことを指します。法要の後の会食のことは「お斎(おとき)」とも言い、故人を悼み、杯を捧げる場合は献杯(けんぱい)という言葉を使います。 葬儀や法事の席では、盃を捧げる時には乾杯と言わず「献杯」と言うのが慣例となっています。

●お斎のはじめを告げる挨拶例
「本日はまことにありがとうございました。また、こうして夫を偲ぶ席におつき合い頂くことができ、夫は本当に幸せだったと改めて感慨深く思っております。ささやかではございますが、夫の思い出話でもしながら召し上がっていただければ、にぎやかなことが好きだった夫の、何よりの供養になると思います。どうぞ、お時間の許す限り、ごゆっくりおくつろぎください。」

挨拶はあまり長くならないよう簡単に済ませましょう。「本日はお忙しい中〜」という言い出しは最後の締めで使った方が良いので、はじめを告げる挨拶では用いない方がいいでしょう。なお、献杯がある場合は、その挨拶をはあらかじめ誰かに頼んでおきましょう。

●お斎の終わり告げる締めの挨拶例
「皆様、本日はお忙しい中を最後までおつき合い下さいまして本当にありがとうございました。皆様から父の思い出話を伺い、改めて父を身近に感じることができました。父にとっても何よりの供養になったことと思います。なごりはつきませんが、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。 未熟な私どもではございますが、どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。本日はまことにありがとうございました。」。


<ご参考:葬儀斎場(川崎市)>
幸区・川崎区の方は、火葬場併設のかわさき南部斎苑を利用する事が多いです。
麻生区・多摩区・宮前区・高津区・中原区の方は、火葬場併設のかわさき北部斎苑を利用する事が多いです。

■ 【公営斎場プランがご利用になれる斎場】
     
     


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar